無排卵月経について考える

病気について考える

無排卵月経(無排卵周期症)は、不妊症の原因のひとつ。原因にはホルモンバランスの乱れや急激なダイエット、冷え性などが挙げられます。出血があっても排卵が起きていないので、なるべく早めに受診して治療を始めることが妊娠への第一歩となるでしょう。

この記事の続きを読む

排卵を整えるクロミッド

薬を飲む

不妊の原因である無排卵月経の改善に用いられる排卵誘発剤。クロミッドやセクソビット、テルグリドがありますが、中でももっとも多く使われているのがクロミッドです。どのような作用によって排卵を促がすのか、詳しくみていきましょう。

この記事の続きを読む

不妊治療にクロミッド通販

排卵日予測

出産を望んでいる35歳以上の女性のうち、5人に1人が悩んでいるといわれる不妊症。
女性の体内にある卵子は年齢が高くなるごとに質が低下するだけでなく、子宮と卵巣の不調が起こりやすくなると医学的に分かっています。
さらに30歳を超えると一年ごとに3.5%ずつ妊娠の可能性が下がると考えられており、35歳になると25歳の時と比べて妊娠の可能性が半分に下がってしまいます。

年齢が高くなるごとに排卵される卵子の数は減少。妊娠を望んでいる女性は、加齢と妊娠率は反比例することを理解した上での人生設計が重要だと言えるでしょう。

年齢だけでなく、食生活や体力、ストレスなど、不妊の原因は人によってさまざま。
冷え症を改善して妊娠できたという人もいれば、原因が分からずいろいろな方法や薬を試しているという人もいるでしょう。

不妊原因のひとつに「無排卵月経(無排卵性周期症)」があります。
通常は排卵が起こっても妊娠しなければ月経が起こりますが、無排卵月経では排卵が起こっていなくても月経と同じように出血があります。
そこで、正常に排卵するよう促す役目を持った薬が「クロミッド」。
不妊治療の際にははじめに試されることが多いので、名前は聞いたことがあるという人、使ったことがあるという人もいるのではないでしょうか。

クロミッドは排卵誘発剤のひとつで、クロミフェンという成分が脳に作用してホルモンの分泌を促進・増加させ、卵胞の成熟と排卵を促します。
同じ排卵誘発剤「セキソビット」の排卵率が50%なのに対し、クロミッドの排卵率は70〜80%と効果が得られやすいのが特徴。
不妊治療の現場でポピュラーなクロミッドですが、実は通販でも購入することができるのです。通院の手間や費用を抑えながら治療の継続ができるので、不妊の原因が無排卵だと分かっている人は一度利用してみるのがおすすめです。

クロミッドは通販で買える

ネットで買い物

排卵誘発剤として多くの人が服用しているクロミッド。病院で処方薬として入手できるのはもちろん、通販でも購入が可能なのをご存知でしょうか。通院の時間や費用をかけることなく服薬を続けられるので、長期の治療でも負担を抑えることができます。

この記事の続きを読む

クロミッド通販のリスク

リスクをチェック

不妊治療に有効なクロミッドは通販を利用すれば、より手軽かつリーズナブルに購入可能。ですが、便利な分リスクもひそんでいます。クロミッド通販にはどういった危険性が考えられるのか?安全に利用するための注意点を考えていきましょう。

この記事の続きを読む

夫婦で使えるクロミッド通販

夫婦の未来

女性の不妊治療では一般的なクロミッドですが、ホルモンへ働きかけるという作用によって男性不妊の治療にも効果を発揮してくれます。通販を使えば安価なジェネリックも購入可能。男女ともに、不妊治療の継続に役立てていきたいですね。

この記事の続きを読む